トピックス

オチウェブネットの2015年を振り返る

2015.12.27 / お知らせ

B!

早いもので、2015年も終わりに近づいてきました。
今年も数々の関係者様に支えられ、無事、年を越すことができそうです。
本当にお世話になりました。

しかしながら、ふと今年一年を振り返ってみると、個人的には「案外なにもしていないな」という印象です。
今年は非常に忙しくさせてもらいましたし、手掛ける案件は数年前では考えられないほど大きなものになり、引き合いの話はどんどん増えているにも関わらず、私個人としては「何もしなかった」1年でした。

これはいったいどういうことなのか・・・?
と、自分でも不思議に思ったので、この2015年を割と真面目に振り返ってみました。

2013年「飛躍の年」2014年「成果の年」

今年を振り返るにあたって、まず過去数年にわたってどういう意識で事業に取り組み、どういう結果がもたらされたのかを振り返る必要があります。

2011年の夏頃に当時勤めていたWEB制作会社を退職し、私は独立しました。
これといった理念もなく、「今独立したらどうなるんだろう・・・」というなんとも軽薄な感情でポーンと独立したので、事業としてある程度本格的に行動を起こしたのは結局2012年になってからだったように記憶しています。

その2012年も今思えば「事業」と呼ぶにはお恥ずかしい状態で、とにかく仕事がありませんでした。
フリーランサーと言うよりはニートに近い状態で、「こりゃもう駄目かもな・・・」なんてことを考えていました。
それと同時に、2013年に向けて飛躍の兆しのようなものは見出しており、一縷の希望にかけていたような・・・、そんなギリギリの経営状態の中、年末を迎える頃には、「来年、何かをつかめなければ俺は終わりだ」と思っていたことを今でもはっきり覚えています。

2013年を「飛躍の年」にするんだ・・・と。

結果的に、その一縷の希望をつかみ、飛躍を遂げることができました。
まあ飛躍したというよりは、何人かの実力者に救っていただいた感のほうが強いのだけれども。

なにはともあれ、いくつかの「出世作」とも言える実績を得ることができ、これを足がかりに、2014年はもっと仕事が来るだろうという予感があり、実際にそうでした。
交友関係は飛躍的に広がり、それに伴って取引先も増え、実績が増えることで、さらに仕事が来る・・・という比較的ラクなスパイラルに入ることができ、「成果の年」になっていくわけです。

2015年に何をしたか

冒頭で今年は何もしていないと書きましたが、本当になんにもせずに家でグズグズしていたというわけではありません。当たり前ですけど。。
基本的には、2014年と同じことをし続けていましたし、いくつか実験的な試みをしています。
ですから、「何もしていない」というよりは「何も成し遂げていない」と言うほうが、ニュアンスとして伝わりやすいのかもしれません。ただ、個人的にこの2つの言葉は同じ意味だと捉えているだけで・・・。

「観察」と「実験」をしていた・・・そしてそれは・・・

相変わらずこれといった理念も持たず、なんとなく事業を継続していますが、それでもやれているのは、義理人情だったり世間体だったりプライドだったりセンスだったり、言語化しにくい価値観に支えられているのかもしれませんが、まあそれはここではどうでもいいでしょう。
改めてもう一度、2015年に何をしたのかを考えてみると、「観察」と「実験」をしていたということに気づきました。

  • 市場の様子
  • クライアントの動き
  • 時代と人間
  • 求められていること
  • やりたいこと

とまあ、こんなところでしょうか。
「求められていること」と「やりたいこと」に振り回されそうになるところをグッとこらえて、実験的試みを含めた「様子見」に徹していたとも言えます。

そこで得た情報というのは決してポジティブなものではなく、どちらかというと悲観的なものがほとんどです。これは当社や私個人にとってだけではなく、当社を取り巻く環境や関係者全てにとって悲観的な状況であるということです。

当社としては2015年も順調に業績を伸ばしましたし、関係各所の様子を伺っても数字は上がっていると聞いています。
しかし経営の良し悪しは売上高だけで判断してもいいのかというと、んなこたぁーない。

1つだけ例を挙げるとすれば、私が住んでいる愛媛県の「人材難」は相当深刻なものです。
「人が足りない」ということが、巡り巡って何を引き起こすのかは歴史が証明しています。

この他にも、ヒヤリハットな出来事、もっと言えば、ゾッとする出来事や傾向を「現場で」たくさん目にしています。

これらの事象をふまえて世間に警鐘を鳴らしたいわけではありません。
あくまでも極々個人的なレベルで、

「このままではヤバイ」

と、思っています。
そしてこの思考というか感情というかメンタルの状態が、2012年の年末頃に抱いていた感情と酷似しています。

もう一度振り返りますが、2012年の年末、私は
「来年、何かをつかめなければ俺は終わりだ」
と思っていました。

そして今、2015年の年末、
「このままではヤバイ」
と思っています。

こんなことを書くと心優しいお友達の方から、経営が行き詰まっているのかと心配されそうですが、とりあえずそういった心配はしていただかなくて大丈夫です。
危機感のレベルが2012年と同じレベルにあるというだけで、経営のステージはだいぶ上がっていますので。
「足し算引き算を覚えなければ進級できない」というステージから「2次方程式を理解しなければ進級できない」というステージに上がっているということは言っておきます。

2016年にやること

長々と書いてきましたが、このようなことを今年の秋ぐらいから延々と考えており、その結論として新たな試みをいくつか実行に移すことにしました。規模の大小は様々ですが、5つくらいあります。
ここで書くのは恥ずかしいので告知は別の機会に譲りますが、この5つは全て、
「当社を取り巻く環境や関係者にとって悲観的な状況から救うもの」だと思います。

もちろん上手くいけば・・・ですが。

一縷の希望にかけてみたいと思います。
そしてもう一度、2016年を「飛躍の年」にできれば・・・と考えております。

追伸

読み返してみるとあまりに抽象的な話に終始してしまい、ここまで読んでくださった方に申し訳なく思いますので、2016年の動きについて、さわりだけでも触れておこうと思います。

私が社会に出て独立に至るまで、数々の企業を渡り歩き、多くのライバル会社を見てきた中で、独立する前に一つの結論が導き出されました。

引き合いベースで受注できない制作会社は潰れる

ということです。
我々の業界に身を置く人間からすれば当たり前のことですが、カネ無しコネ無しで独立してからこの状態に持っていくまでは、やはりそれなりの苦労がありました。

意識を定着させるために極端に言語化し、最終的に「営業したら負け」というところまで落とし込んで取り組みましたが、この意図的にガチガチに固めた意識を来年から変えます。
とは言え突如として飛び込み営業やテレアポをしまくるわけでは全然ないのですが、ニュアンスとしては、

「PULL型からPUSH型への移行」

という言い方になります。

「PUSH」を重視していくというと「そんなの当たり前だよ」と、偉い人には言われちゃいそうですが、その「当たり前なこと」に取り組んでいきます。
難しいのは、「PULL」と「PUSH」を使い分けるのではなく、「PULL」を捨て、「PUSH」へ完全移行するというところ。(実際には段階的移行にせざるを得ませんが)
それによって何がもたらされるかというと、私の中の黒い部分をさらけ出さないと全部は説明しきれませんが、まあ簡単に言うと「自由」です。
「経済的自由」とか「時間的自由」とか「精神的自由」とかに代表される、お花畑のお話ではないです。
「〇〇的自由」じゃなく、「自由な〇〇」に期待しています。

簡単なことではないので、来年から取り組むとしても何年かかるかわからず、年を越す前からもう既に憂鬱ですという、結局は抽象的な話でした。

B!

建前と本音のWebマーケティング用語集〜基礎編〜

新年一発目の投稿です。 みなさん、あけましておめでとうございます。 これから何回かに分けて、昨年末の記事で予告しておりました『Webマーケティング用語集』をアップしていきます。 コンセプトは、「建前と本音のWebマーケティング」。 初回は「 […]

続きを読む

2016年を振り返って

早いもので、2016年ももうあと数日で終わろうとしています。 1年に1回の更新となってしまったこの公式サイトですが、来年は更新頻度を上げる必要性にかられております。 その辺の話と合わせて、オチウェブネットの2016年を振り返りたいと思います […]

続きを読む

オチウェブネットの2015年を振り返る

早いもので、2015年も終わりに近づいてきました。 今年も数々の関係者様に支えられ、無事、年を越すことができそうです。 本当にお世話になりました。 しかしながら、ふと今年一年を振り返ってみると、個人的には「案外なにもしていないな」という印象 […]

続きを読む

CONTACT

お問い合わせ

お仕事のご依頼・ご相談はこちらから。

お問い合わせをする

MENU

TOPICS

CONTACT